カテゴリ:真田一族( 11 )

2016年4月24日(日)
真田丸で大盛り上がりの上田市です。
今年の真田まつりは真田丸に出演している6人の俳優さん達が
武者行列に参加して下さると言うことで、それはそれは大変な人出でした。o(^o^)o

一般の武者行列が出発した後、いよいよ俳優さん達の行列が進んできます。
原町→中央交差点→海野町→松尾町→原町戻り と進みます。

e0269400_21012037.jpg
原町通り
行列を今か今かと待っています。




e0269400_21013380.jpg
先頭は堀田作兵衛(梅のお兄さん)役の藤本隆弘さんと
小山田茂雄(松の旦那様)役の高木渉さん
その後に馬に乗った高梨内記(きりのお父さん)役の中原丈雄さん

と言っても、堀田さん(梅さんのお兄さん)は写ってないし、
小山田さん(松の旦那様)は横顔だけ(/□≦、)エーン!




e0269400_21012684.jpg
小山田さんの写真がこの写真と↑の横顔以外に撮れませんでした。
手前の警護の人がいなかったら、、、、(>_<)




e0269400_21013647.jpg
馬に乗っている高梨内記さんと後は真田昌幸さま
高梨役の中原丈雄さんって誰だろう?って思って調べてわかりました。
知っている~~よく刑事ドラマに出ている優しそうな人だ。
こういう格好してしまうと全然わからない。(^^;)




e0269400_21015360.jpg
真田昌幸役の草刈正雄さん
いや~~何と言ったらいいやら。
余りのカッコ良さに言葉がありません。昌幸役が似合いすぎる。




e0269400_21015615.jpg
村人役の芸人今野浩喜さんと真田信尹役の栗原英雄さん。
このお二人はよく撮れた。信尹(のぶただ)さんが好きだから嬉しい(^O^)
普通に歩いていただけと思うけど、この信尹のたたずまいが素晴らしい!
隙が無い。さすが俳優。絵になるな~♪

昌幸に弟さんがいたのは知らなかった。
信尹さんもかなり優秀な人だったらしい。

真田丸で信繁が「叔父上のようになりとうございます」と言うと
信尹は「俺のようにはなるな」と答えていた。

昌幸は4人兄弟だったのかなぁ?
兄弟が皆、勇壮果敢と言われるとは何てすごいんだ!!




e0269400_21020204.jpg
この写真を見て、あ、瀬川園がある。古本屋さんもあると、懐かしかった。
昔はここらは繁華街だったのです。




e0269400_21020623.jpg
こちらは海野町通り

堀田作兵衛(梅のお兄さん)役の藤本隆弘さん
隣の奥さんが手を振ったら答えて手を振ってくれた。




e0269400_21021515.jpg
中央交差点付近
何といっても、ここが市内の中心地。
昔はホントに賑やかだった。



**************************************************************
その他の写真です。
e0269400_21024990.jpg
この人達は、何をしていたんだっけ?覚えてない。(^^;)




e0269400_21025260.jpg
この人は今年の真田幸村コンクールで優勝した方です。
優勝者が女性って聞いた時は、何で~~??
なんでイケメンのお兄さんを選ばないかな~~と不満だったけど(^^;)
でも、こうして見ると、中々凛々しいじゃないですか。
あ、この人ならいいかもと思ったのです。(^^)




e0269400_21023967.jpg
久しぶりに来て驚いた~w(゚o゚)w オオー!
二中がなんて立派になったんだ。
前はただの四角い鉄筋コンクリートの何の変哲も無い建物だったのですよ。




e0269400_21023102.jpg
懐かしいな~~二中





e0269400_21023420.jpg
第一、文武学校跡だったなんて初めて聞いた!
今まで、ぜんぜん大事にしてなかったのにぃ??(^^;)

こんな事書いていいのかわかんないけど
、昔、上田城も遊郭として民間に売っちゃったとか??
急に真田丸、真田丸って、、、、、

今回の真田丸関連で、上田市は一体いくらお金使ったのかしら(>_<)
大体、、、、来年以後はどうなるんだろうと、とっても心配。。。。。
真田一族の里というイメージを確立させなくてはね。




e0269400_21024490.jpg
上田城跡公園から市役所までの道路が真田紐を表しているとか?
これそうかな~??

真田紐といえば、スケートの紐がそうだったとか。
昔、私の子供の頃は、スケートと言えば、下駄スケート。
その下駄と足を縛る紐が真田紐だったというのだ。
言われてみれば確かに。遠い記憶の中で、何となく覚えている。
そうか、あれが真田紐だったのだ。





[PR]
by sinanozi2 | 2016-05-06 16:23 | 真田一族
2016年4月11日(月)
大輪寺は昌幸夫人、寒松院のお墓があります。菩提寺って事でしょうか。
真田丸のドラマでは昌幸さんに「薫」って呼ばれてますね。
歴史上では山手殿(やまのてどの)といわれています。出家してからは「寒松院」
上田市では大輪寺、松代町には大林寺があります。両方とも「だいりんじ」です。

e0269400_10312621.jpg
立派な山門 桜が満開で綺麗でした。
この奥が本堂






e0269400_10314560.jpg
同じく山門






e0269400_10313209.jpg
入口付近
六地蔵。駐車場が左手にあります。
この奥、山門、本堂と続きます。






e0269400_10360577.jpg
本堂
この写真だけ昨年撮ったものです。






e0269400_10315936.jpg
大輪禅寺と書かれた本堂






e0269400_10320759.jpg
八重桜が美しい!



  




e0269400_10315565.jpg
寒松院(昌幸の妻・信之 信繁の生母)のお墓






e0269400_10320494.jpg
説明







[PR]
by sinanozi2 | 2016-04-19 10:47 | 真田一族
2016年4月10日(日)
青木村の大法寺の三重塔と村松殿(信繁のお姉さん、あの「松さん」ですよ)の屋敷跡が見たくて行ってきました。
小県郡(ちいさがたぐん)は、合併でここ青木村と長和町だけになってしまった。
「真田丸」で昌幸が「ちいさがた」って言っているのをよく聞いた。
あ、やはり、ここらを治めていたんだと、感慨深かった。

e0269400_15455927.jpg
本堂と後に三重塔
桜も満開で綺麗だった。





e0269400_15463845.jpg
本堂と桜








e0269400_15461648.jpg
説明






e0269400_15454167.jpg
国宝大法寺三重塔
別名「見返りの塔」と呼ばれています。
塔の姿が美しく思わず振り返って再び見てしまうという。
確かに形が整い、美しい。屋根の反りがいいね~♪





e0269400_15470140.jpg
枝垂れが有名らしい。もっとよく見てくれば良かった。







e0269400_15482416.jpg
説明





e0269400_15484533.jpg
境内の様子






e0269400_15485069.jpg
樹齢480年という「かやの木」は、大きくそびえている木だろうか?
もっとよく見てくれば良かった。後で後悔する事がとっても多い。(/□≦、)エーン!






************************************************************
e0269400_15490175.jpg
ここの場所が「村松」という所なので「村松殿」と呼ばれていた。
館跡は、現在地を含め、住宅地になっていて、大きな新しい家や田畑が多い.
とにかく、ここに「松さん夫婦」が住んでいた事は間違いない。(と思う)
ここを探すのによくわからなかった。村松の公民館の近くだった。





e0269400_13475670.jpg
すぐ横にあった木の立て札には幸村の姉の小山田夫婦の館跡みたいな事が書いてあった。





e0269400_13480311.jpg
現在地より少し上へ上った所。ここらも館跡になると思う。
かなり広かったと思われます。





※おまけ
e0269400_15491023.jpg
館跡の看板のすぐ横にあったので、
最初、村松殿に関係あるものと思っていたけど、違っていた。
全く関係ないけど、一応載せておきます。




e0269400_15491582.jpg
説明。


※おまけの話
帰りに「道の駅 あおき」に寄りました。
ここもすごくいいです。安くて品揃えもいいです。
何といっても良かったのが「おやき」。
皮薄で、具沢山、それに安い(^O^)
珍しい具の「キャベツとウインナー」というのがあって、
買ってみたけど、すごく美味しかった。又、どうしても買いに行きたい~~

うわさでは、店を大きく広げるらしい。新しくなった時には来たい。
ところで、、またまた「おやき」の写真がありません。。(>_<)





[PR]
by sinanozi2 | 2016-04-16 18:59 | 真田一族
2016年4月3日(日)・3月29日(火)

3月29日には大河館へ行きました。真田神社も。
4月3日は真田杉を探しに再び。
ついでに真田茶屋によって色々と味見。。(^^;)



e0269400_17105347.jpg
真田神社
立派になったね~~~賑やかになったね~~~





e0269400_17110640.jpg
真田丸に合せ、急遽作られた右手のまっさらに新しい建物。
おみくじとか売っていた。






e0269400_17112187.jpg
初めて見るチョーデカイ兜
目立つ~~~






e0269400_17113285.jpg
説明文
どうやら真田杉をお守りしているらしい。






e0269400_17114456.jpg
真田杉を見つけに3日に又、行ってきました。
兜より少し離れた場所にありました。






e0269400_17114944.jpg
説明文
樹齢は450年。上田城の歴史を築城当時から見守ってきた杉だったのです。
倒木の恐れがあり、伐採されてしまったけど、切り株はこんなに大事にされている。






e0269400_17121701.jpg
大河ドラマ館
すごく混んでいた。






e0269400_17122394.jpg
大河館内部。ここだけ撮影許可があった。
赤備えの鎧兜と後は真田丸。





e0269400_17124228.jpg
急遽作られた真田茶屋。大河館のすぐ前にあります。
上田や長野県の名物が色々と食べられる。
美味だれ焼き鳥・山菜おこわ・五平餅・おやき・ソフトクリームなどを味見。
食べ過ぎ?主人と二人でですよ。どれも少しづつだし~~(^^;)
どれも美味しかったけど、お店の人には申し訳ないけど、おやきがイマイチだった。。。
これ県外の人も食べるんだよね。おやきはそれこそ店によって全然違うから。。。。









[PR]
by sinanozi2 | 2016-04-09 09:30 | 真田一族
2015年10月27日(火)

真田家の菩提寺長国寺です←クリックしてね♪

上田市真田町に菩提寺として建てられた長谷寺(ちょうこくじ)があります。
昌幸の長男、信之が上田藩から松代藩に国替えになった時、同じ読みの長国寺(ちょうこくじ)を建立しました。
その際には、長谷寺の住職も移ったという事です。
その後は長谷寺は長国寺の末寺となっています。

e0269400_16470618.jpg
松代藩主墓所と書いてある





e0269400_16472155.jpg
本堂






e0269400_16482301.jpg
信之の霊屋(たまや)
どうやらここは拝観料を払わないと写真も撮ってはいけないようでした。
柵の外からだからいいと思ったんだけど。(>_<)





e0269400_16473015.jpg
松代藩を財政再建した恩田民親のお墓
ここもただで来て見てはいけなかったのかも?






*****************************************************************************

大英寺(←クリックしてね)です。
信之の妻、小松姫の菩提寺です。
信之が上田藩から松代藩に国替えになった時、
上田市の大英寺(現芳泉寺)に祭られていたのを移し、ここへ建立しました。
芳泉寺についてのHP (←クリックしてね♪) ですが、小松姫と信之の馴れ初めについて書かれています。
小松姫は才色兼備として知られています。信之もやっぱり立派だったのですね。
上田の芳泉寺にも行きたいと思っています。

大英寺は修理中で、とても見られる状態ではなかったです。
資材やら青いビニールシートやらが置いてあって。
完成は、、、まだまだ先のようだった。

e0269400_16483956.jpg
本堂は元は御霊屋
本当は立派な本堂だと思う。随分壊されている。




e0269400_16475611.jpg
表門
光が。。。。(>_<)





**********************************************************************
大林寺です。(長野市松代町松代1224 ℡026-278-2878)
大林寺は、真田昌幸の妻、寒松院の墓所です。信之、幸村の母上ですね。
信之が上田から松代に国替えになった時に、大輪寺から、分霊し、大林寺を建てました。
信之のお母様の菩提寺って事でしょう。

本堂
e0269400_09173068.jpg




e0269400_16490987.jpg

田掻き(しろかき)地蔵
人助けの六地蔵と言われている。




長国寺、大英寺、大林寺は
真田家の菩提寺、小松姫の菩提寺、寒松院の菩提寺って事でしょうか。
信之が松代に移った際、上田市の長谷寺、芳泉寺、大輪寺それぞれを、
ちょっと名を替え、松代に移転したのですね。
他にも移転したものは、色々あると思う。
そりゃ~~そうですよね。引っ越す時、大事な物は一緒に持って行かなくちゃ。

松代町は歴史の街ですね。真田邸付近は本当に風情がある。
見所も沢山あって、周りきれないです。
他にも、佐久間象山関連、松代大本営跡とかもある。
ゆっくり歩いて周りたい街ですね。








[PR]
by sinanozi2 | 2015-11-05 14:03 | 真田一族
2015年10月27日(火)
近くに樋口家という上級武士の家があります。
ついでに見て行きます。くわしくはこちらを←クリックしてね♪
e0269400_08051136.jpg
玄関付近
現代の家の造りと余り変わりないですね
上級武士となると立派な家に住んでいたのですね





e0269400_08053512.jpg
説明文






e0269400_08051773.jpg







e0269400_08052429.jpg
修理されているとはいえ、十分快適にすごせそうです。






e0269400_08053136.jpg
庭も広く綺麗







********************************************************************************************
e0269400_08055986.jpg
こちらも綺麗な塀ですが、この中はなんと小学校です(松代小学校)
近くに小学校もあるのです。こんな立派な風情ある塀に囲まれています。



ここより、長国寺、大英寺に行きたいと思います。次に続きます。






[PR]
by sinanozi2 | 2015-11-04 08:24 | 真田一族
2015年10月27日(火)
真田邸の歩いて数分の所に文武学校があります。
8歳から14歳くらいまでは文芸などの勉強を15歳から35歳くらいまでは武芸を習ったといわれています。
くわしくはこちらをクリックしてね♪
e0269400_15512741.jpg
入口 表門





e0269400_15520423.jpg
幕末期の儒学中心の藩校から近代的学校建築への過渡期の建物です






e0269400_15584365.jpg
柔術所





e0269400_15585215.jpg
剣術所





e0269400_15591652.jpg
弓術所




e0269400_15590044.jpg
文学所入口





e0269400_15590835.jpg
御役所





e0269400_15592680.jpg
ここは教室だったと思う??





ここで髷を結った袴姿の若者が、「エイ」「ヤー」「ドスン」とかしたのだろうな~とか、
よく時代劇で見る学んでいる子供達の姿を思い浮かべました。

近くに旧樋口家住宅があるので、そこへも行って見ました。次に続きます。















[PR]
by sinanozi2 | 2015-11-03 16:17 | 真田一族
2015年10月27日(火)
松代町は真田昌幸の長男、信之(幸村のお兄さんですね)が上田から松代10万石の藩主として移り住んだ町です。
幸村が余りにも有名なので、その陰になって、信之の名は余り知られていませんが、信之も優秀な武将だったのです。
(真田一族は勇壮果敢な血筋なのだ!)(けして身びいきだけではありません。)(^^;)
関が原の戦いで親子、兄弟が別れて戦い、結果、徳川の天下になった時、信之が徳川に付いた事により、
父の上田領を継ぐ事になり、真田家はその後も生き残る事が出来たのだと思います。
真田邸について、くわしくはこちらを←クリックしてね♪


e0269400_14474817.jpg
真田邸玄関入口





e0269400_14475955.jpg
真田邸説明





e0269400_14480389.jpg
右図アップ





e0269400_15041515.jpg
主屋平面図





e0269400_14481321.jpg
玄関からすぐに長い廊下があります。
この左側に、表座敷、御寝所、御居間等があります。





e0269400_14483274.jpg
この部屋が何の部屋だったのか、ちゃんと記録して来ればよかった。(>_<)






e0269400_14484601.jpg
ここも。。何だったのか。。(>_<)







e0269400_14484027.jpg
時代を感じる







e0269400_14493413.jpg







e0269400_14500295.jpg
トイレ






e0269400_14501107.jpg
お風呂





e0269400_14503102.jpg
様々なよろい
作った人の名が記されていた。




e0269400_14504229.jpg
見た事があるかぶと





e0269400_14501960.jpg
庭園も素晴らしく綺麗だった






e0269400_14525693.jpg
真田邸の長く広がる塀





e0269400_14531444.jpg
きれいに染まった紅葉と長い塀が趣があります


真田邸周辺には文武学校や真田宝物館が固まってあります。(真田宝物館は火曜日が休館のため、入れなかった)(/□≦、)
すぐ近くに松代城跡もあり、歩いて周れる距離です。駐車場もあります。
松代のここらを見るだけでも価値があります。
真田邸も文武学校もすごく良かったです。古き昔に触れる事が出来ます。
文武学校は次に続きます。















[PR]
by sinanozi2 | 2015-11-01 20:53 | 真田一族
2015年7月14日(火)
台風が近づく猛暑の中、真田町の信綱寺へ行って来ました。
信綱寺は真田幸隆の長男である信綱(のぶつな)と、次男昌輝(まさてる)(幸村の叔父様たち)のお墓があり、位牌所となっています。
二人は武田勝頼の家臣として戦った、長篠の戦いで命を落としています。
その為、三男である昌幸が真田家を継ぐ事になったのです。
くわしくはこちら←クリックしてね♪  またはこちら←クリックしてね♪
e0269400_13362533.jpg
本堂です。とっても大きくて立派な本堂です。
六文銭はいたる所にある。

************************************************************************************

e0269400_13371904.jpg
古城緑地広場。信綱寺の向かいにあります。綺麗に整備されていました。
この近くに車を停めました。




e0269400_13380822.jpg
山門?立派な建物です。この後方から長い階段を上ると本堂です。





e0269400_13394583.jpg
急な長い階段を上って行きます。
門近くの傾いた樹が「墓前の桜」




e0269400_13400666.jpg
この樹です。この桜の樹が見たかったのです。





e0269400_13395789.jpg
長篠の戦いで命を落とした信綱の御首を家臣が羽織に包んで持ち帰り、
この樹の下に埋めたと言われる「墓前の桜」です。樹齢400年くらい?
かなりの老木ですが、春には花を咲かせるそうです。




e0269400_13381947.jpg
門の右側には「善星皆来」左には「悪星退散」と書いてあります。
正面、見えるのが本堂。





e0269400_13385437.jpg
本堂の裏手から少し上った山に二人のお墓があります。





e0269400_13391076.jpg
右から、昌輝、信綱、夫人のお墓です。





e0269400_13383988.jpg
説明。二人とも若かったのですね。
二人共、武田家に信頼され、本当に勇猛果敢な武将だったらしい。
兵(つわもの)というのは幸村だけでは無く、そういう血筋が真田家にはあるのでしょうか。
いや、本当に真田一族は優秀だったようです。
※ネットでこんな記述を見つけました。
「父(幸隆)と兄弟3人(信綱、昌輝、昌幸)が
武田二十四将に数えられるような家はこの真田家だけである。」
す、すみません、身びいきみたいで。(^^;)
戦死しなければ、歴史も変わっていたでしょうね。
ネット等で調べれば調べるほど、真田一族に惚れてしまう。(^^)



e0269400_13392165.jpg
あじさい小径。黒門まで続いている。
あじさいは見頃でした。綺麗な空色ですね。





e0269400_13393245.jpg
黒門。ここが信綱寺の入口か?総門と書いてある。本堂の反対側、遠くにあります。



実は、勘違いをしていて、「墓前の桜」は、この黒門の横に植わっていると思い込んでいました。
あれ?ない?どこだろう?と探しまくりました。(>_<)
案内所のおばさんに聞いて、場所がわかり良かった~~!
諦めて帰る寸前でした。聞いて良かった。墓前の桜が目的の一つだったから。

敷地が広い為、お墓、あじさい、桜がわからず、アチコチ、ウロウロしました。
緑地公園は時間があれば、ベンチに腰掛けて、のんびりしたい場所でした。
いいお寺だなぁ~と思い、お寺が良いなんて思うのは、若い頃には無かったなぁ。。と思ったのです。(^^;)
やっぱり桜の頃に来たかった。(^^)








[PR]
by sinanozi2 | 2015-07-16 14:23 | 真田一族
2015年4月24日(金)

長谷寺(ちょくこくじ)からの帰りに「山家神社 ←クリック♪」に寄りました。
長谷寺からの急坂の細い道を下って、広い道に出ると右手近くにあります。

山家神社は真田地区の産土神(守り神)で相当古い神社らしい。
真田家は、山家神社の氏子で、幸隆の時代から厚く信仰され、上田城が出来てからは、鬼門の位置にある為、
守り神として、真田一族はもちろん、後々の上田城主からも崇拝されてきました。

四阿山(あずまやさん)の山頂に奥宮があります。今、再建されています。


e0269400_09011373.jpg
山家神社入り口。ここも桜が綺麗に咲いていた。




e0269400_09015084.jpg
山家神社拝殿 六文銭の家紋がある




e0269400_09020988.jpg
真田神社拝殿  
真田神社は山家神社内にあります。
神社内の向かって左手方向にあります。
この地から出て、全国に名を馳せた真田一族を偲び、建立されました。
幸隆、昌幸、信之、信繁を祭神としています。
戦没者の英霊も合祀されています。




e0269400_09023132.jpg
真田神社の鬼瓦
平成に入った時、社殿の屋根を新しく銅板に葺き替えた際に、
この鬼瓦が立派なものなので、
残し、展示し、真田一族を偲ぶものとしている。




[PR]
by sinanozi2 | 2015-04-30 09:20 | 真田一族